Macの日本語変換の学習能力が低すぎる

Macの日本語変換といえば「ことえり」でした。Yosemiteから「日本語IM」となりました。これは多分改善ということなんだと思います。

確かにことえりよりは良くなったと感じることはありますが、それでもやっぱりバカ?と思うことが多いですね。かなりの頻度で使っている言葉の変換が、何回使ってもいっこうに上位に表示されないのです。

例えば「※」、私はいつも「こめ」と入力して変換します。そしたら「米」ばっかりでてくる。あとは「■」とかも「しかく」で変換すると「資格」ばっかり出てくる。私は普段メールとかで文章を書くことが多くて、それも仕事のメールですから「こめ」を「米」としたいことなんてまずないわけですよ。米屋じゃないですし。

まだこの「※」ってのが「米」の次くらいに表示されたら許せますよ。やっぱ「こめ」といえば「米」でしょ?という理屈も分かるんで。でも、だいぶ下の方なのでシフト連打をするわけです。

そして本日ついにMacの日本語変換の物覚えの悪さに愛想が尽きて、「Google日本語入力」に完全に乗り換えました。

ダウンロードページ:https://www.google.co.jp/ime/index-mac.html

インストールはダウンロードして次々と進んだらOK。

ツールバーの右上の「あ」とかのところをクリックして、

nihongo_henkan

こんな感じで「英数(Google)」などと表示されていればちゃんと入っているということです。ここでGoogleのそれに切り替えることができます。試しに「こめ」を変換してみると、

kome

なるほど、候補としては5番目ですな。じゃあ5番目の「※」を選んで一旦確定。もう1回「こめ」で変換してみると、

kome_2

おお、すでに1番目の候補となってることが確認できました。素人の考えですが、よく使う項目の表示順を上の方に持ってくるだけなんですが、そんなに難しいことなんですかね?

変換して確定した回数を数えていって、多いやつほど上っていう単純なルールだけで済むような気がしますが。

Macの日本語変換で「Google日本語入力」をデフォルトにする方法

Google日本語入力が気に入ったのでそれを常に使いたいわけですが、Macのデフォルトはやはり「日本語IM」なわけです。「日本語IM」となっているのをわざわざ「Google日本語入力」に切り替えるのはめんどくさい、これを標準にする方法はないものかと考えたところ、ありました。

nyuuryoku_source

環境設定 > キーボード > 入力ソース と進みます。

ここで一番上の「【あ】日本語」となっている奴がそれなわけです。こいつが要らないので、これを選択した状態で左下の「-」をクリックすると削除できます。

ちなみに削除してしまったらもう復活できないということではありません。復活したい場合は「+」をクリック、

nyuuryoku_source_2

日本語の中から「【あ】日本語」を選択して「追加」をクリックすることで復活できます。ま、もう要らないけどね(=‘X‘=)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">